FC2ブログ
  • --------
  •  

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
  • 2016-06-22
  •  

    治療:ザノサー 14回目、15回目、16回目

    更新が滞っておりました…。

    気が付けば、もう16回。
    あまり副作用の症状を感じていなかったのですが、毎週になってから、だるさを時折感じるようになりました。
    吐き気止めの点滴の副作用の便秘は特に感じず、だるさと疲れやすさが目立ってきています。

    毎週になってからLDHと腎臓の機能(eGFR)、血球数の値の変動に注視していました。

    LDHは依然として、上がり傾向です。
    ただ、隔週や3週間置きと間を空けていた時よりも上がり幅は小さくなっているようです。

    腎臓の機能(eGFR)は、少し下がり気味ですが、何とか現状維持といった感じです。
    60を下回ってはいますが、数週間はほぼ値は変わらずです。
    ※ちなみに、50を下回ってくると腎障害からくる症状なども出やすくなるそうです。薬の副作用による腎障害は、薬を止めてもすぐには回復しないとのことですので、そもそも下げないような努力をすることが大切ですね。

    血球数は、変わりなしです。
    相変わらずすべての数値が低く、貧血気味も変わりませんが、体が今の状態に慣れているようで、生活には支障もありませんし、風邪をひきやすいといったこともありません。
    ただ、血は止まりにくいですね…(苦笑


    そして、上記の結果を踏まえ、次回の通院時にCTを撮ります。
    この結果で今後の治療方針を改めて相談することになりました。

    というのは、
    1)腫瘍の拡大や転移などが見られる → ザノサーの効果なし。ザノサー中止。
    2)前回と大きく変わらない、縮小傾向 → ザノサーの効果あり。ザノサー継続。
    を判断します。

    仮に1)になった場合、考えられる選択肢は、
    A)異なる抗がん剤を試す。
    B)抗がん剤以外の治療法の検討。
    C)治療終了。
    のどれかになります。

    この辺は情報整理中ですので、また改めて書きたいと思います。

    今日も少しだるくて、眠気も強いのです…。
    過ごしやすい気温なので、散歩などで気分転換しながら頑張ることにしましょう!!


    スポンサーサイト
     
  • 2015-10-27
  •  

    治療:アフィニトール 3回目、4回目(服用期間:1週間) 経過

    アフィニトールを続けてもう4回目を終えました。

    アフィニトールをはじめるにあたって、標準的な治療法でないこと、血球数減少、間質性肺炎などの副作用が考えられること、保険適用外であることなどを考えて治療を開始するかどうか、相当に悩みました。

    今のところは、重篤な副作用もなく、治療を開始して「よかった!」といえる結果が出ています。
    サポートしてくださっている家族や医師、看護師の方々などに本当に感謝の毎日です。

    現在の主な状態は血液検査の数字と問診による体調確認ですが、先日CTをとりました。
    「CT、久しぶりだな~」と思って履歴を確認したら、5ヶ月ぶりぐらいでした。

    この5ヶ月の間には、
     ・LDHや腫瘍マーカーが増大
     ・アフィニトールを開始
     ・数字は元に戻ってきた
    ということがあったので、単純な比較、評価はできないのですが、腫瘍の様子は結構変わっていました。

    具体的には、
     ・原発のすい臓の腫瘍が前面にせり出すように大きくなっている
     ・肝臓の腫瘍が大きくなっている
     ・脾臓への浸潤(転移ではない)が認められた
     ・門脈の側副血行路の発達が著しい箇所が増えてきた
    といったところです。

    このように書くとなんだか状態がとても悪くなっているようですが、体調は変わらず調子がいいのです(苦笑

    痛み止めのお世話になることもなく、食欲も変わらないため、体重の増減もほとんどありません。
    (周りからは「顔色がもいいね!」といわれるほどです。)

    少しでも長く治療が継続できるようにこれからも相談しながら進めていきます!

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。