• --------
  •  

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
  • 2014-05-31
  •  

    経緯:膵神経内分泌癌(P-NEC)と診断されるまで その2(2013年4月前半)

    その2、2013年4月の前半です。

    4月は痛く、苦しく、体にも変化が現れた月でした。

    3月に出ていた「足がつる」「膨満感」「疲労感」といった症状が毎日のように現れるようになりました。

    特に食後の「膨満感」と、「足がつる」のはかなり悩まされました。

    「膨満感」は実際におなかが張ってくるので、食後はパンパンになります。
    毎食後、少量でもなってしまうので、漢方の胃腸薬を飲んでしのいでいました。
    飲んだ後、しばらくすると張りはそれほどではないですが、膨満感は薄らいでくる感じがしていましたので。

    「足がつる」のは寝ている間が多かったです。
    痛くて目が覚めたり、寝付けなかったりと悪循環を引き起こしていました。
    これはストレッチをしていましたが、あまりよくならず単純に我慢していたように記憶しています。

    それにくわえて、腰や腹部の痛みもかなりの頻度で現れるようになり、さすがに「ちょっと変かな」と思い医者に行くことにしました。

    どこの医者に行くか考えたのですが、数年前から会社の健康診断で「萎縮性胃炎の疑い」と指摘されていたこと、症状が「十二指腸潰瘍」に類似しているように感じたこともあって、いきなりですが胃カメラを飲むことにしました。

    胃カメラは過去に一度経験済みでしたので、抵抗は感じませんでしたが、前回よりも麻酔が効いてくるのが遅くて結構痛かったです(苦笑

    胃カメラ中は私も画像を見ていましたが、
    「ちょっと荒れ気味だがきれいといえる状態」
    「潰瘍はみられない」
    「十二指腸も問題なし」
    「念のため、ピロリ菌を調べましょう」
    ということで、胃酸を押さえる薬などを処方されて終了となりました。

    精神的にはかなりホッとして安心できましたので、あとは体に疲れを残さないように早めに寝る、柔軟をする、筋トレして筋力をつけようなどと考えていました。

    ですが、処方された薬がほとんど効かず、膨満感も腹痛も改善されませんでした・・・。
    どうしてもつらいときには市販の漢方の胃腸薬を追加で飲んだりして急場をしのいでいました。

    そんなことがあり、激動の4月後半、5月へと入っていきました。

    ~つづく~


    スポンサーサイト
     
  • 2014-05-31
  •  

    料理:黒酢豆腐

    動物系を摂らないとどうしても不足しがちになるのが「たんぱく質」です。

    私は豆類から主にとっていますが、その中でもおすすめの料理がこの「黒酢豆腐」です。

    黒酢豆腐

    「酢豚」の豚肉を厚揚げ豆腐に替えたものと考えていただくとわかりやすいと思います。
    そしてポイントは「黒酢」を使うことと野菜はちょっと大き目くらいにカット。
    香りもマイルドで食欲をそそります。
    この料理は子どもたちも大好きで、ピーマンもパプリカも入っているものは何でも食べちゃいます!
    もちろん、減塩メニューですが、黒酢の風味と野菜の味がマッチしていますので、「味が薄い」とは感じにくいと思います。
    たけのこも食感もよくて、数回おかわりしました(笑
    だんだん暑くなってきました。
    夏バテ対策にもぜひ!

     
  • 2014-05-29
  •  

    料理:煎り大豆

    普段は妻に任せっきりですが、今日は私が作りました!

    入り大豆
    ・・・煎り大豆です(苦笑

    はたして料理と言えるかどうか、疑問ですね・・・。

    たまたま無農薬の大豆をいただく機会があり、どうやって食べようか考えていたところ、

    豆農家直伝 煎り豆の作り方 - 浦田農園

    を見つけまして、「ソフトタイプ」にトライしました。

    ちょっとお湯につける時間が長すぎたか、フライパンでの煎り方がヘタだったのか、薄皮が破れてみっともないことになってしまいました(苦笑

    ですが、味は抜群においしいです!
    醤油や塩など何も加えていませんが、素朴な豆の味と香ばしい香りで、どんどん食べてしまいます(笑
    子どもたちにも大好評!
    次はハードタイプに挑戦します!



     
  • 2014-05-28
  •  

    料理:豆乳野菜そば

    引っ越したばかりでしたが、コメントもたくさん頂いております。
    皆様、ありがとうございます!

    体調は特に痛みもなく、安定しております。

    さて、今日は麺類です。

    豆乳野菜そば
    豆乳野菜そば です。
    ※ピンボケてますね・・・。すみません・・・。(泣

    汁は豆乳ベースです。
    野菜は、人参、キャベツ、ニラ、しょうが。
    タンパク源として厚揚げも入れています。
    黒ごまをかけて頂きました。
    温かいそばでおいしくいただきましたが、汁は冷たくてもおいしそうです。
    お好みでラー油で辛味を入れてもいいですね。

    こちらも減塩、動物性なしのメニューですよ!
     
  • 2014-05-27
  •  

    レシピ:ベリーのタルト

    早速ですが、ご要望を頂きましたので、レシピ紹介です。

    記念すべき第一号は『ベリーのタルト』!

    長女のバースデーケーキ


    これは、料理:Birthday Cakeで長女の誕生日ケーキとして妻が作ってくれたものです。

    正直なところ、レシピなんて書いたことない(!?)ので、わかりにくいかもしれませんので、その時は適宜修正しますので、コメントください!
    では、よろしくお願いします!

    【作り方】
    1)『タルト生地』を型に敷き、フォークで穴を開ける。
    2)『アーモンドクリーム』(冷めたもの)をタルト生地に入れる。
    3)170℃に温めたオーブンで10分焼く。その後、160℃に下げて20分焼いてから取り出し、粗熱をとる。
    4)『カスタードクリーム』(冷めたもの)をタルトに入れる。
    5)ベリーをのせて飾り付け。『ツヤがけ』はおこのみで!

    『アーモンドクリーム』
    【材料】
    A) アーモンドプードル・・・50g
    A) 全粒粉薄力粉・・・10g
    A) 塩・・・ひとつまみ
    B) 豆腐(絹)・・・40g
    B) なたね油・・・25g
    B) てんさい糖・・・35~40g
    【作り方】
    1)A)の材料をボウルに入れてよく混ぜる。
    2)豆腐を別のボウルに入れてペースト状になるまで混ぜる。その後、なたね油を少しずつ入れて更に混ぜる。
    3)2)にてんさい糖を少しずつ入れてよく混ぜる。
    4)3)のボウルに1)を加えてよく混ぜる。《冷蔵庫で冷やすとてんさい糖が馴染むので更においしくなります!》

    『カスタードクリーム』
    【材料】
    A) 全粒粉薄力粉・・・25g
    A) なたね油・・・25g
    B) 豆乳・・・250g
    B) てんさい糖・・・45g
    C) バニラエクストラクト・・・小さじ2
      (または バニラビーンズ・・・1/2本)
    【作り方】
    1)A)を鍋に入れてダマがなくなるまで混ぜる。
    2)1)にB)を加えて、中火にかけ、かき混ぜる。沸騰したら弱火にして、更に3~5分煮る。
    3)2)にC)を入れてよく混ぜる。

    『タルト生地』
    すみませんが・・・省略します!(泣
    ご要望があれば改めて記載します。
    基本的にはクリーム同様、全粒粉、てんさい糖、豆乳、なたね油 を使用します。

    『ツヤがけ』
    こちらもすみませんが・・・省略です!(泣

    初めてレシピを書きましたが、普段とは違う緊張感がありますね(笑
     
  • 2014-05-27
  •  

    経緯:膵神経内分泌癌(P-NEC)と診断されるまで その1(2013年3月)

    私が膵神経内分泌癌(P-NEC)と診断されたのは、2013年5月中旬です。
    きっかけは本当にちょっとした『気付き』から通院したことだったのですが、そのおかげで今もこうして生きていられると考えると何とも言えない不思議な感じがします(笑

    何回かに分けて、P-NECと診断されるまでの体の変化、症状、通院に至った気付きなど書こうと思います。

    今から考えると最初の体の変化があったのは、2013年2月中旬~3月上旬という感じがします。

    どんな変化かというと、

    ・疲れやすくなった。
    ・お酒の飲める量が減ってきた。
    ・寝ているときに足をつることが多くなった。

    ということが時折感じられるようになりました。

    この時は、「ちょっと疲れが抜けにくいかな」「歳取ったなぁ」ぐらいに考えていました。
    というのは、2013年1月に管理部門から営業部門に異動になり、出張や不規則な時間帯の食事など私の周りの環境にも変化があったからです。
    それでも、新しい仕事は新鮮なだけでなく、楽しさもあり、また新しい職場環境へ早く慣れたいという気持ちも高まり、体の変化は違和感は深く考えずに、日々を送っていました。

    その後、3月の半ばを過ぎたころには、上記の症状がだんだんと頻繁に現れてくるようになりました。
    しかも、それらの症状加えて、

    ・食後に膨満感を感じる
    ・腰や背中にコリのような痛みを感じる

    ということを時々ですが、感じるようになりました。

    さすがにちょっとおかしいかなと思い始めましたが、「うーん、楽しさは感じるけど、やっぱりストレスもあるのかな」なんて考えて、時折感じる痛みを湿布や胃腸薬でごまかしながら仕事をこなし、普通の生活をしていました。

    そして、4月になります。
    ~ つづく ~
     
  • 2014-05-27
  •  

    料理:ゴーヤ豆腐とそら豆、味噌のっけご飯

    おはようございます。

    ブログのデザインを変えてみました。
    テンプレートからhtmlを編集したのですが、パズルみたいでなかなか面白いですね。

    さて、昨日の晩御飯です。

    ゴーヤ豆腐
    ゴーヤ豆腐 です。
    ほのかに感じる味噌味と、ゴーヤ独特の苦味がベストマッチ!
    豆腐がまろやかさも出してくれるので、苦味が苦手な方でも食べやすくなります。
    サニーレタスで巻いて食べてもOK!

    焼きそら豆
    子どもたちも大好きな 焼きそら豆 です。
    山盛りです(笑
    旬ですからホクホクして、ついつい手が伸びてしまいます。
    動物性たんぱく質を摂っていないので、タンパク源は豆類がメインになります。

    味噌のっけご飯
    これも子どもたちに大人気でした。
    味噌のっけご飯 です。(ご飯はもちろん玄米ですよ。)
    味噌には細かく刻んだ野菜としめじが入っていて、甘じょっぱい感じ。
    ご飯とまぜまぜして食べるのも美味しいですよ!

    あとは、人参とクルミ、レーズンのサラダ(無塩)とサニーレタスを頂きました。
    おいしい食事は元気の源ですね!
     
  • 2014-05-26
  •  

    料理:ガパオライスとサラダ(ナムル、ピーマン)

    昨日のメニューではありませんが、ガパオライスとサラダです。

    ガパオライスとサラダ
    サラダは塩分控えめのナムルと、ブロッコリースプラウト、ピーマンは味噌焼きです。
    スプラウトは、バルサミコ酢をかけて頂きました。
    ピーマンは肉厚でジューシー!とってもおいしかったです。
    味噌汁は、おおぶりなめこと豆腐のお味噌汁です。
    なめこは大きいと食感も楽しめます。

    ガパオライス
    こちらはガパオライス。
    ご飯は玄米+黒米、お肉ではなく厚揚げを使っています。
    添えてあるのは、自家製のオイキムチ。
    ちょっと辛めですが、旨味もあり大満足です。

    ごちそうさまでした。
     
  • 2014-05-24
  •  

    料理:焼きおむすびとたけのこ

    今日も体調は特に変化なし。
    安定してます。

    詳しくはのちのち紹介していきますが、私は治療のために抗がん剤治療を6クール受けました。
    抗がん剤治療は「シスプラチン + エトポシド」ですが、その副作用のため、手足にしびれがでました。
    暖かくなってだいぶ緩和されてきましたが、足のしびれはまだ残っています。
    日々の生活ではそれほど支障は感じませんが、体を洗うときなどはくすぐったいような変な違和感があって、なかなか慣れません。(笑)

    さて、料理の紹介です。

    ■焼き玄米おむすびとサラダ
    玄米焼きおむすび

    玄米は苦手という方もいますが、焼きおむすびにすると香ばしくて食べやすくなりますよ!

    ■たけのこの煮物
    たけのこ

    旬のものはなんでも美味しいですが、たけのこは大好きです。
    昆布、味噌との組み合わせも最高です。

    いつもどおり、動物性なし、減塩メニューです。

     
  • 2014-05-22
  •  

    料理:Birthday Cake

    書き込むタイミングが難しくてなかなか更新が進みません・・・。

    前回記事で食事に関して取組を報告しました。

    病気になってから毎日欠かさずその取組を維持しています。

    今回は、長女のバースデーケーキを紹介します。

    子どもたちも私の取組は知っているので、長女が「みんなで食べられるケーキがいい!」と言ってくれ、動物性なし、未精製品の材料で妻が作ってくれました。

    「ベリーのタルト」です。
    長女のバースデーケーキ

    ベリーの下のクリームは豆乳ベース。
    タルト生地は全粒粉を使用しています。

    甘すぎず、とっても美味しかったです!
     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。