• --------
  •  

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
  • 2015-09-18
  •  

    治療:アフィニトール 2回目(服用期間:1週間)

    秋台風が各地で大きな被害をもたらしました。
    みなさんは大丈夫ですか?
    私の近くでは、避難準備情報などはありましたが、目立つ被害もなく過ごすことができました。

    さて、アフィニトールの1回目の治療(服用期間:1週間)を終え、更に1週間の休薬を行いました。
    休薬後、血液検査を行うと、LDH が更に下がっておりました!
    腫瘍マーカーの測定していませんし、CTも撮影していませんが、これはかなり期待できるうれしい結果でした。

    心配していた副作用は、この休薬期間も現れていて、主に、
    ・のどの痛み
    ・淡がからみやすい
    ・皮膚のかゆみ
    ・だるさ
    ・胸ヤケ、不快感
    というようなものがありました。

    日によって、また時間帯によっても現れ方は様々でしたが、それでも寝込むほどではなく普通の生活を送ることができていましたので、副作用の症状としては、軽いほうかな、と感じています。
    ただ、のどの痛みはちょっと厄介ですね。
    食事には影響ありませんが、声が出にくくなってます。枯れている状態に近い感じで、特に高い声や多きな声が出にくいです。

    主治医に確認したところ、いわゆる「粘膜が炎症を起こしている」とのことで、私の場合は、口内ではなくのどに表れているのではないか、とのことでした。

    ちょっと違和感はありますが、これで済んでいると思えば、なんてことはありません。
    (シスプラチンとエトポシドの副作用として、手足のしびれも少し残っていますが、同じようなものですね(笑 )

    現在は、休薬後の治療再開で、アフィニトール 2回目(服用期間:1週間)を終えました。
    この間も副作用の症状も変わらずでしたし、生活にも支障はありませんでした。
    LDH も更に少し(前回よりは下げ幅は少ないものの…(苦笑 )下がっています。
    ですが、気になっていた 白血球 も少し下がりました(苦笑
    日頃の変動の範囲であるような気もしますが、 2,000 を下回りました。

    そのため、この結果を受けて、感染症のリスクが高まること、無理はしないこと、副作用もあることなどを考慮して、薬を長く続けるために今回は少し長めの休薬を予定しています。

    次は、腫瘍マーカーの測定を予定しています。
    また、進捗を報告します!

    変わりやすい天気が続いていますので、皆さんも気を付けてくださいね!!
    スポンサーサイト
     
  • 2015-09-02
  •  

    治療:アフィニトール 1回目(服用期間:1週間)

    アフィニトールでの治療を開始するに当たり、まずは1週間 10mg/日 を服用して様子を見ることにしておりました。
    その結果(といっても簡易的な結果ですが)がでましたので、報告します。

    以前から記載している通りですが、私の場合、血液検査の LDH と NSE に腫瘍の動きが反映されているという傾向があります。
    今回は、LDHのみの検査結果ですが、その値が 2/3程度に下がっていました!
    ※腫瘍マーカーは前回の測定からそれほど時間が経過していないために実施していません。

    簡易的な結果ではありますが、この結果は正直にうれしく受け止めています。
    何よりも驚いたのは、その即効性です。
    TS-1とは作用のターゲットやプロセスが異なっているとは聞いていましたが、1週間で結果が見えるのは助かります。
    また、懸念していた血球数の減少は今回は見られませんでした。

    そして、肝心の体調は、大きな痛みや体調変化、副作用、もなく比較的安定していると感じています。
    ただ、だるさ、のどの痛みは多少あります。
    だるさは日によって、時間によって強弱があるのですが、生活に支障をきたすほどではないです。

    アフィニトールの注意しなければならない副作用には、
    ・間質性肺疾患(肺炎)
    ・感染症(咳、発熱など)
    ・口内炎(口内のあれ、痛み、出血、など)
    ・消化器症状(下痢、悪心など)
    があるようですが、今のところは大丈夫のようです。

    ここまでを踏まえて主治医と今後の治療について相談しましたが、
    ・だるさ、のどの痛みの様子を見たい。
    ・治療は継続することが第一。
    ・効果があるからといって無理は禁物。
    ・血球数減少にも注意が必要。
    ということで、まずは1週間の休薬を行い、休薬後の体調を見て再開するかどうかを判断することにしました。

    個人的には効果がありそうなので、かなり迷いましたが、大事を取って、この方針としました。

    休薬後の結果も気になりますが、これからまだまだ頑張ります!
     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。