• --------
  •  

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
  • 2016-10-20
  •  

    経過:近況報告 2016年10月

    関東はここ数日、夏のような秋晴れですね。
    明日以降、空気が冷えてくるようですので、体調崩さないように気を付けましょう!

    さて、今月の通院の結果です。
    ・血球数
    白血球、血小板ともに回復傾向。
    ・LDH
    上下に振れていましたが、今回は、500位上昇です。

    いつもと同じく大きな体調の変化はありませんし、食欲、体重も変わらず。
    ただ、LDHの値の変動から腫瘍も大きくなってきていると思われますので、今後の対策を主治医と相談しました。

    少し前の記事で、「市民公開講座への参加」を記載しましたが、その場での出会いから「外科手術の可能性を改めて検討する」ことにしました。
    実は、3年前の腫瘍発見当時から適宜、手術の可能性を検討していたのですが、その都度手術ができない・すべきでない理由があり、抗がん剤治療を選択してきました。

    今回も前回と状態が異なっている事から手術の検討を幾人かの先生に聞いて回りました。
    その結果…。

    どの先生も「手術はすべきでない」との話でした!

    側副血行路、肝転移、血液の状態などを考慮すると手術はQOLを下げるだけでなく、命自体を縮める可能性があるとのこと…。

    残念なようなホッとしたような複雑な気持ちですが、この相談結果を踏まえて主治医と相談し、来週から抗がん剤治療を開始しようと計画しております。

    今回の抗がん剤は「ゲムシタビン(ジェムザール)」です。

    有名な抗がん剤ですので、ご存知の方もおられると思いますが、もちろんNECでの実績はほとんどありません。
    ザノサーのような通院による点滴での治療になりますが、1-2時間程度の短時間で終わるようです。
    冊子も頂きましたし、これから情報収集と体作りを進めていきます。
    ※情報いただけますと嬉しいです!

    さぁ、まだまだ頑張ります!

    スポンサーサイト
     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。