• --------
  •  

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
  • 2016-11-30
  •  

    治療:痛み止めについて

    外吹く風が冷たく感じるようになりましたね。
    ダウンジャケットや冬物のコートを来ている方も増えてきました。

    2013年に治療したシスプラチンとエトポシドの副作用の手足のしびれは、気温が下がると顕著になるので、要注意です・・・。
    さて、前回、治療法がなく痛みをコントロールしていくということをお伝えしていましたが、現在は以下のように薬を飲んでいます。

    ・朝食後:オキシコンチン
    ・昼食後:カロナール
    ・夕食後:オキシコンチン
    ・とんぷく:カロナール、オキノーム散

    オキシコンチンは、5mgを1錠ずつ約12時間サイクルになるように飲んでいます。
    カロナールは200mgを2錠ずつ飲んでいますが、大体2-4回(4-8錠)といったところです。
    オキノーム散は、レスキュー薬として痛みが激しいときに使用しますが、今まで一度しか使っていません。
    ※その一度も「どんなものかなー」と思って飲んでみたのですが、速攻で強力な眠気に襲われ、睡眠薬的な効果しかわかりませんでした(^^ゞ

    痛み止めを飲むようになって知っておいたほうがよいかなと感じたのは、
    ・効果がどのくらいで現れるのか → 効果発現時間
    ・どのくらい効果が持続するのか → 持続時間
    ・使用量の上限 → 最大使用量
    ・副作用
    でした。

    自分で調べたり、薬剤師の方に聞いた情報などを忘備録としてまとめておきます。

    効果発現時間持続時間最大使用量主な副作用
    オキシコンチン45-60分約12時間80mg/回
    ※1日2回
    便秘、傾眠など
    オキノーム散10-30分4-6時間80mg/回
    ※1日4回
    便秘、傾眠など
    カロナール15-60分2-6時間4,000mg/日特になし。


    これをみると「私の飲んでいる量なんて対したことないなぁー」と、改めて感じました。(苦笑
    まだまだ、余裕がありそうですから。


    さて、そんなわけで痛み止めとも上手に付き合いながらこれからも頑張ってまいります!
    スポンサーサイト
     
     

    コメント

    お久しぶりです。私も元々薬嫌い人間でよっぽどでないと服用しませんでしたが今は痛み止めと上手く付き合いながら生活しています。薬で痛みを楽にする事も大切だと病気になってから気が付きました。
    痛みがなく、食事が美味しくできて、寝込むことがない、そんな当たり前の普通の生活を続ける為に痛み止めと付き合っています。たまに効かない時もあるのでそんな時は諦めて寝込みますが…(^_^;)

    geckoさま
    コメントありがとうございます。
    痛みとの付き合い方は私も今でもいろいろ考えてしまいます。
    「我慢は美徳」ということはないのですが、片道切符のような印象があるのです。
    量を増やしたら減らせないんじゃないか、痛みが体感できないと病状の進行のシグナルを拾えないんじゃないかと痛みとは直接的ではないことで悩みます。

    こういう考え方をしてると「古いっ!」と怒られちゃいそうですが(^^;

    さて、実は12月に入ってから大きな変化が起こりましたので、近日整理して書きますね。

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://packreak.blog.fc2.com/tb.php/117-499f144f

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。