• --------
  •  

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
  • 2014-06-20
  •  

    治療:化学療法(抗がん剤)に対する質問事項

    治療の選択肢が【化学療法(抗がん剤)】と限定され、私はその選択肢を選択したわけですが、実際に受ける前には不安とともに多くの質問、疑問が湧いてきました。

    「化学療法を受けると自分の体がどうなっていくのか」「がん細胞はどうなるのか」「食事や運動など制限はあるのか」など症状、副作用、生活のことなどいろいろなことが浮かんできました。

    調べればわかる単純な質問もあれば、心の不安を主治医と共有したいという意味の質問など様々で、どのように言葉で表現したらいいのかわからないことも有りました。

    頭で考えてばかりいると、余計不安になったり、わからなくなったりするので、ノートにひとつひとつ書いてみることにしました。

    そうして、同じような内容や言葉を整理することで、以下の質問に絞ることが出来ましたので、主治医やセカンドオピニオンの時に確認することにしました。

    ・治療の目的
    ・薬の名前
    ・どのような効果が期待できるか
    ・治療はどのような方法で行うか
    ・入院の要否
    ・想定される治療期間とスケジュール
    ・治療の効果の確認方法とタイミング
    ・効果がなかった場合の対処法
    ・副作用
    ・治療費用の目安
    ・治療前、治療中、治療後の制限、注意点
    ・現状の生活で気をつけたほうが良いこと、行うべきこと
    ・今後現れる可能性のある症状
    ・他の治療の有無
    ・化学療法を行わない場合に想定されること

    質問は多くなりますが、ひとつひとつじっくりと話を聞くようにしました。

    わからないことは分かるまで、納得できるまで確認することが望ましいのですが、その場の雰囲気や、心境、医師との限られた時間においては難しい場合もあると思います。
    そういった時には、ノートを直接見せて、場合によっては図示してもらいながら話を聞きました。

    質問に対する回答は、自分にとってプラスの情報だけではありませんし、調べて得られる情報と変わらないかもしれません。
    ただ、こういったことをひとつひとつ順番に理解して、自分の身体と一緒に向き合って行けるような準備をしていくのも大事だと思っています。
    スポンサーサイト
     
     

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://packreak.blog.fc2.com/tb.php/28-b8dd75e7

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。