• --------
  •  

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
  • 2014-07-13
  •  

    取組:減塩、無塩の食生活

    私は、食生活への取組が多いのですが、今回は「減塩、無塩」です。

    肝臓への転移が確認された時に、腫瘍が多発性で広範囲に分布していたため、肝硬変のような状態になっていました。

    肝硬変は調べてみるといろいろな症状がありますし、対処法も調べるとたくさん掲載されています。

    私の場合は肝硬変とは違いますが、状態が似ているということから、肝臓への負担の少ない食生活に切り替えたほうが良いと考えるようになりました。

    また、セカンドオピニオンなどで栄養相談をしたところ、がんの進行を抑えるためにも減塩は有効であると考えるようになりました。

    それは、がんは糖分が好きなことは知られていますが、

    がん細胞が糖分からエネルギーを取り出そうとする

    がん細胞内に乳酸と水素イオンが蓄積される

    水素イオンにより、がん細胞内の酸性度が高くなる

    がん細胞内の酸性度が高くなるとがん細胞は生きていられない

    水素イオンとナトリウムイオンの交換を行い、酸性度を下げるように働こうとする

    というサイクルも行っているということを聞きました。

    そのため、体内のナトリウムイオン濃度が低ければ、がん細胞の抱える水素イオンが交換することができず、がん細胞の勢いが弱くなるというストーリーに納得しました。

    そのため、診断されてからずっと減塩、無塩の食生活を継続しています。

    最初は「ちょっと物足りないなぁ」と思うこともありましたが、習慣化することで、気にならなくなりました。
    それに、素材自体の味を味わうことができるように感じますので、それだけでも健康的になった気がしています。

    スポンサーサイト
     
     

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://packreak.blog.fc2.com/tb.php/35-3eb2b07d

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。